食品工場で働こうと思っている方へ!仕事内容と食品工場で働くメリットについて


食品工場の仕事内容は製造と梱包

食品を扱う工場には、製造部門と梱包部門の2種類があります。製造部門は文字通り商品を製造する部門の事で、材料を機械へ投入する作業や、材料を混ぜた生地を整える作業などを行います。揚げ物を扱う食品工場の場合は油で揚げる作業を行うので、火傷に注意が必要です。その他にも、材料を混ぜる際に使った器具や機械の洗浄作業もあり、仕事内容は多岐にわたります。一方、梱包部門で行われる作業は3種類あり、出来上がった商品をチェックする検品作業と、検品が済んだ商品を専用のパッケージに包む作業、パッケージに包まれた商品を箱詰めする作業があります。これらの作業内容は一例で、実際は工場によって多少の違いがあるかもしれません。これから工場で働こうとしている方は参考にして下さいね。

食品工場で働くメリットと注意点について

食品工場は防護服を着ているので、一般的には髪色や髪型が自由です。また、接客業務がないので、人間関係が苦手に感じている方にとってはメリットの多い仕事と言えるでしょう。働き方についても、正社員・パート・アルバイトなどがあり、目的に合わせた自由な働き方が出来ます。こういったメリットがある一方で、食品工場にはこんな注意点があります。例えば、食品アレルギーになってしまう可能性や、業務中にケガを負う可能性があるという点です。アレルギー反応は人間の持つ免疫細胞が過剰に反応してしまう病気なので、アレルギー物質に触れているうちにアレルギー反応を示してしまうかもしれません。配属される部門によっては、鋭い刃物や高熱な油といった危険物を扱う可能性もあります。食品工場にはこういった注意点がありますので、これから食品工場で働こうとしている方は注意しましょう。

住み込みの求人のなかには、夫婦で応募できるものがあります。たとえば、寮やペンションの管理人といった仕事です。食事の提供や掃除といった業務がメインなので、資格や経験がなくても応募できます。