マンスリーマンションは一人暮らしを経験したいときに最適!手続きが楽なのがいい!


試しに1人暮らしをするときに利用

大学は卒業まで実家から通い、就職してからも一応実家から通えるため、そのまま親の世話になるという人もいるでしょう。いずれは自立をしないといけないでしょうが、いきなり一人暮らしをするのはためらいがあるかもしれません。そこで利用すると良いのがマンスリーマンションです。通常の賃貸マンションは2年契約など長期的な利用を前提にしており、入居時に賃料の数倍のお金を用意しなければいけません。マンスリーマンションは1か月等の短期の利用を前提にしていて、1か月以上であれば数か月や長期の利用もできます。一般の賃貸マンションのような初期費用は必要とせず、退去時の原状回復費などもよほど備品を壊すなどしなければかかりませんから、お試しの利用にちょうど良いと言えるでしょう。

水道や電気の手続きが不要なので楽

一人暮らしを初めてする人にとって、まずは物件探しが大きな課題です。住みやすい物件が見つかったらそれでほっとしてしまう人もいるようですが、実際は入居をする前に水道や電気、ガスの手続きをしたり、住民票の異動などを市役所で行うことなども必要になります。そうなると、免許証なども住所変更をするなど手続きも様々行う必要性が出てきます。ちょっと一人暮らしをしてみたいぐらいであれば、マンスリーマンションの利用を検討すると良いでしょう。マンスリーマンションは一時的な利用を前提にしていて、ホテル代わりに利用する人もいます。水道や電気に関しては多くが固定料金制になっていて、入居者は手続きをしなくても構いません。短期利用なら住民登録も不要で、免許などの住所変更もしなくていいでしょう。

マンスリーマンションは、生活に必要な家具・家電が備え付けられていることが一般的です。敷金・礼金が必要ないことも大きな特徴で、光熱費・水道代は日額に含まれます。利用期間はだいたい1ヶ月以上からです。