小型・中型・大型それぞれのトラックドライバー


さまざまな業務がある小型トラックドライバー

小型トラックドライバーの主な役割には、中型や大型トラックが中心都市まで運んできた荷物を、各小型トラックで小分けして各地域に運ぶことがあります。運ぶ荷物と運び先、道順が最初から決まっているルート配送から各家庭への宅配業務までと、業務内容は運送会社によって変わってきます。大型トラックに比べて拘束時間は短いですが、積み下ろし作業は比較的多いです。普通自動車免許で運転可能なので、トラックドライバーとしてこれから働こうとしている方は、小型トラックドライバーから始めてみるといいかもしれません。

中型自動車免許が必要な中型トラックドライバー

中型トラックは小型トラックと比べ輸送能力は高くなるため、短距離から中距離までの配送が主になります。トラックに積んだ荷物を、指定された集配所や運搬センターまで運ぶのが主な業務です。フォークリフトの免許があれば、フォークリフトでの荷物の上げ下ろしの作業を行うこともあります。多くの場合日帰りでの運送なので、拘束時間があまり長くないほうがいいという方は、中型トラックドライバーを選択肢として考えてみるといいでしょう。

大型自動車免許が必要な大型トラックドライバー

大型トラックドライバーは、荷揚げ場所から荷下し先まで長距離を走って配送するのが仕事です。片道何時間もかけて走行するので、トラックの中で睡眠を取ることも多くなります。また、他のトラックと同様に荷物の上げ下ろしも行います。大型トラックドライバーは他のトラックドライバーと比べても給料は高めです。しかし体力や経験も必要な仕事なので、小型や中型のトラックドライバーとして経験を積んだ後のステップアップとして選択するのがオススメです。

ドライバーの求人は仕事の内容により必要になる免許の種類が異なり、色々な資格を持った上で探すことでより自分の条件に合う仕事を見つけやすくなります。