外資系企業への転職ってどうなの?そのメリットデメリットを紹介


外資系企業に対するイメージとは

外資系企業といえば年収が日本の企業と比べて高い、コミュニケーションは英語、合理主義だから仕事ができないとすぐクビなど、様々なイメージがあるでしょう。近年は外資系企業の進出がふえていて、転職先に外資系企業を入れようか悩んでいる人も少なくありません。外資系企業に転職するならば、そのメリットやデメリットを理解しておく必要があります。

外資系企業のメリットとは

外資系企業の特徴としては、実力主義を採用しているところがほとんどである点が挙げられます。年功序列ではないので、個々の能力によって収入を上げることが可能です。スキルや経験に市場価値があると評価されれば、その分年収に反映されるため非常にやりがいを感じられます。そのため、年収アップを求めて外資系企業への転職を希望する人も少なくありません。またカジュアルな服装での出勤がOKだったり、フレックスタイムを採用したりなど、ある程度自由な働き方を選ぶことが可能です。またプライベートを重視する文化があり、付き合いの為の飲み会などがないことも魅力です。

外資系企業のデメリットとは

一方外資系企業では成果主義を掲げているところが多いため、常に仕事に対して結果を出さなければなりません。社員同士の競争が激しく成果が出なければ、出世で後輩に追い抜かれることも珍しくなく、常に見えないプレッシャーと戦うストレスがあるのです。また成果主義と関連することですが、結果が出なければクビになることもあります。そのため、安定して働けないという声もあがります。さらに成果を上げた人に待遇を良くする傾向があり、長く働き続けるための福利厚生が整っていません。

外資 IT企業の特徴としては、上下関係があまりなく、年功序列で決まることはほとんどありません。効率的に結果を出すことを求められます。