英語を活かして働ける!外資系の会社でキャリアアップ!


英語が得意な人におすすめの外資系の会社の特徴

外資系の会社は、日本企業と賃金体系や評価制度、職種などの点で違いが見られることがあります。中でも、外国人の管理職の数が多い国内の外資系の会社においては、英語でコミュニケーションが取れる人材が重宝される傾向が見られます。特に、海外の企業や取引先、顧客などとのやり取りをする機会が多い営業職や事務職においては、採用時に英語能力が厳しくチェックされることも珍しくありません。そこで、英語を仕事の中でしっかりと活かしたい場合には、お目当ての会社で求められる人物像や語学力の高さについて、余裕を持って確認を取ることが大切です。外資系の会社によっては、即戦力となる実務経験者の中途採用を積極的に行っているところもあり、特定の分野での実績のある人は、収入アップを目指しやすい状況となっています。

外資系の会社の採用試験の対策法

外資系の会社は、上司と部下との間の上下関係が厳しくないところや、過去の経歴よりも職場内での成果が高く評価されるところが多くあります。そのため、ポテンシャルの高い社会人の中には、外資系の会社の採用試験の受験を考えている人が増えています。世界中に支社のある外資系の会社では、部署や職種、役職などにかかわらず、ビジネスレベルの英語が必要となるところもあります。こうした会社の試験にチャレンジをしたい場合には、英語で履歴書や職務経歴書を記載したり、外国人の担当者との面接で上手く応対をしたりする必要があるため、時間を掛けて企業研究をすることが大切です。

外資系の転職は、キャリア志向の強い人の間で活発に行われており、中でも、語学力や特定の職種の経験を活かせる企業に人気が集まっています。